ヒノキ(桧・檜) [Hinoki cypress]についての基本情報

※注意:同樹種でその他の呼称を持つものも、このページにての解説となります。

一般的に称される樹種名
ヒノキ(桧・檜) [Hinoki cypress]
その他呼称
特になし
色調
心材・辺材の相接する部分は不明瞭な場合が多く、辺材は淡い黄色・心材は黄白色。ないし白桃色。年輪がとても美しい。木目は直通で均一。
主な用途
寺社建築材など他高級建築材・造作材・家具材・建具材・曲物材と多岐にわたる。
この樹種に関しての総括
スギと並ぶ日本を代表する造林樹種。独特の香りをもち、古くから日本人になじみある材。保存性が高く、加工もたやすい事・それに加えて耐湿・耐水性にも強く、狂いも少ない事から、世界の【針葉樹】の中で最も優れた材であるといわれている。
台湾地域にも同科目の【台湾檜】という種が存在するが、ヒノキと比較して樹脂が多く、比重も重い。
中国では扁柏と呼ばれており、中国で【桧】は、同じヒノキ科の針葉樹ビャクシンの事を指す。
ヒノキ(桧・檜) [Hinoki cypress]
科目・属目
ヒノキ科ヒノキ属
学名
Chamaecyparis obtusa
気乾比重
0.41

ヒノキ(桧・檜) [Hinoki cypress]のおすすめ商品一覧

ヒノキ(桧・檜) [Hinoki cypress]分布図

日本(福島以南)から台湾まで

ヒノキ(桧・檜) [Hinoki cypress]分布図 前のページに戻る
このページの先頭へ