ペルポック [Perupok]についての基本情報

※注意:同樹種でその他の呼称を持つものも、このページにての解説となります。

一般的に称される樹種名
ペルポック [Perupok]
その他呼称
ソンサルン ・ チロ・プルプウレペック・ロフォペタルム
色調
心材・辺材の相接する部分はさほどはっきりしていない。、
全体的に黄色みがかった暗い白。 木理は直通か、やや交錯する傾向にある。
主な用途
家具材・集成材・木製小物・天井板など。
この樹種に関しての総括
東南アジア諸国に生息する南洋材。比重が軽く、軟質な木材。
乾燥や加工などは容易いが、割れやすく、耐久性にも劣る。建材としての利用は少ない。板目面にはスギの板目面に相似する印象を受ける。
ペルポック [Perupok]
科目・属目
ニシキギ科
学名
Lophopetalum spp.
気乾比重
0.34~0.64

ペルポック [Perupok]のおすすめ商品一覧

ペルポック [Perupok]分布図

マレーシア・インドネシアなど東南アジア諸国に分布

ペルポック [Perupok]分布図 前のページに戻る
このページの先頭へ