床材の種類(単層フローリング、複合フローリング)

 床材としてのフローリング材には大きく分けて2種類(単層フローリング、複合フローリング)が存在します。素材や製造方法が異なるため、それぞれが持つ特徴も違います。

床材には大きく分けて2種類ある。

複合(複層)フローリング

複合(複層)フローリング図解  複合(複層)フローリングとは、カラーフロアーや合板フロアーという名称でも流通します。フローリン材の厚みに対して異なる樹種や素材で形成された層を持つフローリング材のことを指します。

 複合フローリングは、表装面の単板材と芯材となる段板とに分けて形成されており、それらを接着剤により接着することで製造されます。 表装面には厚み0.2~0.5mmなどの無垢材や無垢材に似せて人工的に作った樹脂、シート材等が使用されていますが、その樹種や単板の厚みは非常に多岐にわたります。
 芯材となる段板には、合板やパーチ材(木材の粉末を接着剤で固めた基材)等が使用されており、単層フローリング(無垢フローリング)と比べ踏み心地が硬いのが特徴です。
 複合(複層)フローリングは、素材の異なる複数の層で形成されているため、単層フローリング(無垢フローリング)と比較した場合に湿度や温度の変化による形状の変化が低いという特徴を持っており施工性にも優れています。

 価格面でも無垢フローリングと比較して安いため一般に広く普及しています。商品としての性能は価格や製造メーカーによっても様々ですが、表面の塗膜の耐水性や傷、耐磨耗性を向上させた商品や床暖房に対応した商品などがあります。 複合フローリングは製造工程において多量の接着剤を使用するため、新築時に使用する際には国が定めたホルムアルデヒドなどの揮発性の化学物質に関する証明書の添付が義務付けられています。

単層フローリング(無垢フローリング)

無垢フローリング図解 無垢フローリングの施工後に施工したフローリングとフローリングの間に隙間が生じる事がありますが、以下の要因が考えられます。無垢フローリングの専門的な分類は、単層フローリングに分類されます。複合フローリングが厚みに対して複数の素材で形成された層を持つのに対して、単層フローリング(無垢フローリング)は同一の素材による一層で形成されたフローリングを指します。

 形状はユニやソリッド、JFLなどの違いがありますが、同一の素材による一層で形成されているため単層(一つの層)フローリングといいます。 複合フローリングと違い、素材は全て無垢の木材を使用しているため「無垢フローリング」の呼称で呼ばれています。単層フローリング(無垢フローリング)の代表的な樹種としては、針葉樹の杉や松、桧など、広葉樹では ナラ(楢)や栗、楓(カエデ)、ケヤキなどがあります。

 複合フローリングと比較した場合には、湿度や温度変化による形状の変動が起こりやすくねじれやフローリングの隙間などが発生しやすいため、施工には熟練した技術が求められます。価格も複合フローリングと比べ高い商品が多いと言えるでしょう。 ただし、見た目の美しさや無垢材ならではの質感、踏み心地の良さ、健康面への配慮などの理由で注文住宅や店舗などで多く採用されています。

 無垢フローリングと複合フローリングは床材としての大きな役割は同じですが、それぞれの効果や機能、特徴は大きく違います。それぞれの違いは製造工程や使用される素材などの違いに起因しています。フローリング選びの基礎知識として知っておくと大変便利ですね。

このページの先頭へ