日常生活で無垢フローリングご使用上の注意

 無垢フローリングは無垢の木の魅力と特性を兼ね備えています。無垢フローリングを長く大切にご利用いただくために日常生活でご利用いただく際にいくつかの注意が必要です。是非とも以下の注意点をお守り頂き、より長く美しい無垢の木の魅力をご体感下さい。

水漏れ・雨漏れ

フローリングが濡れてしまったら? 無垢フローリングに水気は大敵です。長時間の水濡れは表面のシミやフローリング材の膨張などの原因となりますので速やかに拭き取ってください。水気の多い水回りや脱衣場などではフローリングに直接水かかからないように水切りマットなどでフローリングの保護対策を施してご利用ください。


ホットカーペットや温風ヒーターのご使用

熱はフローリングを痛めてしまいます  無垢フローリングは急激な温度上昇に弱いため、ホットカーペットのご使用はお控えください。フローリング表面の割れや収縮(隙間)などが発生します。温風ヒーターやストーブなどをご使用の際にはストーブなどの下に必ず断熱マットを敷きご使用ください。


エアコンなどのご使用に関して

エアコンの風が直接無垢の床材にあたると乾燥の原因となります。  エアコン等を使用する際にはエアコンの送風が直接フローリング床面に当たらないようにしてください。無垢フローリング表面に部分的な隙間が発生することがあります。エアコンの空気により無垢材が収縮するために発生する現象が報告されていまのでご注意ください。


すり傷や重量物による凹み

椅子やキャスターなどの擦り傷、机やピアノなどの重量物による凹みなどは修復が困難な為、ご使用の際には敷板やカーペットなどをご使用頂き、必ずフローリング表面の保護をしてください。

 無垢のフローリングは、天然の恵みである木材に、極力人の手を省いた方法で作られており、昨今出回っている合板のフロア材よりデリケートな床材です。それをご理解いただいた上で【天然】の恵みを皆様の安らげる住空間作りに無垢のフローリングをご活用頂ければ幸いです。

無垢フローリングを施工するにあたり
フローリング施工方法
無垢フローリング使用上の注意

このページの先頭へ