スギ(杉)についての基本情報

※注意:同樹種でその他の呼称を持つものも、このページにての解説となります。

一般的に称される樹種名
スギ [杉]
その他呼称
ジャパニーズシダー
色調
心材と辺材の相接する部分は明瞭で、辺材は白色。心材は淡紅色から暗褐色。稀に黒褐色の筋が生じるものもある。
主な用途
フローリング・羽目板・柱などの建築用資材や建具材。その他樽材や割り箸など。
この樹種に関しての総括
日本を代表する樹木。青森県以南の日本各地に分布し、また、南北海道では人口植樹による栽培も行われている。代表としては、秋田杉、天竜杉、吉野杉、日田杉、飫肥杉(おびすぎ)、屋久杉などがあげられる。
材は天然か否か・原木ので大きく性質に違いがあり、古木の中には貴重とされる【鶉杢】や【笹杢】 などの柾目がごく稀に見受けられ、高級家具材などに道いられている。また、柾目に密で細い木目が多く並んだ材は、頑強で高い評価をうけており、【糸柾】と呼ばれる貴重品。
一般的な材の印象としては比較的やわらかく、比重も軽い。乾燥作業も容易で、加工性がよく、狂いが少ないため、用途においては多くの場面で活躍している。特に柱においてはそのまっすぐに伸びる原木や横方向からの力に強いことから利用される率が多い。
木目に沿った縦方向の力で割れやすいことや、杉特有の香りで樽材としても重宝される。
スギ [杉]
科目・属目
スギ科スギ属
学名
Cryptomeria japonica
気乾比重
0.38

スギ(杉)のおすすめ商品一覧

スギ(杉)分布図

青森県以南日本各地に分布。日本特産の代表的な樹木。

スギ [杉]分布図 前のページに戻る
このページの先頭へ