タモ[ash]についての基本情報

※注意:同樹種でその他の呼称を持つものも、このページにての解説となります。

一般的に称される樹種名
タモ[ash]
その他呼称
ヤチダモ(谷内ダモ) アッシュ
色調
辺材・心材の相接する境界は明瞭。年輪も明瞭で、稀に杢を有する 。辺材は淡い黄白色。心材は褐色。
主な用途
家具材・造作材・器具材・ベニヤ材・土木材等。弾力に富む性質からバットやスキー板などのスポーツ用品の素材としても使用されることがある。
この樹種に関しての総括
北海道を中心に本州中部~北部にかけて、国外では極東アジアにも分布する広葉樹。
俗に【谷内だも】と呼ばれる事が多いが、谷地というのは、「湿地帯・低湿地」を指す。 需要としては家具材としての需要が多く、稀に杢が見られる事があり、ベニヤ材としての人気も高い。
硬質で弾力性に富む性質からスポーツ用品としての需要も少なくなく、アッシュとよばれるバット材はヤチダモの仲間を意味する。
植林も盛んに行われており、広葉樹としては国内最大の造林樹種である。
タモ
科目・属目
モクセイ科トネリコ属
学名
Fraxinus mandshurica var. japonica
気乾比重
0.65

タモ[ash]のおすすめ商品一覧

タモ[ash]分布図

多くは北海道に分布。本州北部~中部にも僅かに見られる。国外は極東地域に自生。

タモ[ash]分布図 前のページに戻る
このページの先頭へ