トップ > 樹種で選ぶ > タモ・アッシュフローリング

タモ・アッシュフローリング材
タモ(アッシュ)は大ぶりではっきりとした杢目が特徴的な材です。よくナラ(オーク)材と比較されることがありますが、ナラ材よりも多少柔軟なので、木目に関しても非常に類似はしていますが、タモの方が明瞭な印象を受けます。靭性・柔軟性に優れており、非常に加工しやすいことから男性であればご存知な方も多いとは思いますが、野球のバット、もちろん建材や家具材など、様々な用途で皆様の生活に溶け込んでおります。その落ち着きのある風合いは多くの人々から支持を得ており、木材として非常に人気が高い事で知られております。使い込むごとに『経年変化』が味わい深いふうあいを醸し出してくれます。
タモ(アッシュ)材の評価(5段階評価)
タモ(アッシュ)材としての人気:★★★
価格帯:★★★〜★★★★
施工性:★★★
硬さ:★★★〜★★★★
長所:床材に適した硬さと柔軟性を併せ持つ
欠点:湿度などの外部環境変化に敏感な樹種

1,タモ(アッシュ)材の特徴や種類


タモ・アッシュ材という名称は一般の方にはあまりなじみがないかもしれません。モクセイ科に属する広葉樹で、特に北半球を中心に複数の種類が存在します。材質は比較的に硬く、曲げ強度などの柔軟性に優れた無垢材です。木目ははっきりしておりナラ(オーク材)とよく比較されます。産地や種類によって白っぽい物からグレーがかった色味まで幅があります。無垢材の強度と柔軟性が優れている為、野球のバットやイスなどの家具材としての需要もあります。
タモ・アッシュ材の種類には以下のものがあります。


・国産のヤチダモやシオジ
・中国・ロシア極東原産のタモ
・北米産のホワイトアッシュやブラックアッシュ

タモ・アッシュ材のフローリング価格の傾向



タモ・アッシュ材は強度と柔軟性に優れており
家具材等の需要も多く、近年は伐採制限などに
より価格が上昇しています。
北米産のホワイトアッシュなども害虫被害等で
輸入量が減少している。


・幅や厚みが大きくなる=価格も高くなる
・広葉樹の床材として近年価格が上昇している


2,タモ・アッシュ材をフローリングで使用する際の注意点


タモ・アッシュ材は、はっきりした木目が特徴的で無垢材の質感を出しやすく床材以外も家具材等でも多く利用されています。国産のタモ材は比較的に白く、中国やロシア産のタモ材はグレーがかった色味を帯びています。タモ・アッシュ材の表面の硬さは床材として十分な硬さを兼ね備えています。 タモ・アッシュ材は、曲げ強度などの柔軟性も兼ね備えています。ただし、無垢材特有の曲がりやねじれなどが出やすいという特徴もあります。無垢材のフローリング材として採用する際には、湿度の影響を受けやすい水回りなどの箇所には採用しないほうが良いでしょう。リビングなどの広い箇所に施工する際には、無垢材の曲がりやねじれを確認して、色むら等も考慮して必ず仮並べをしてから施工すると良いでしょう。無垢材特有の曲がりやねじれは、無垢材本来の特性ですので壁際部分でカットする材料などとして上手に施工して利用してください。




タモ材の無垢フローリング材[無塗装品] 貴重なソリッドタイプの画像


無垢フローリング床材専門店 Cas online Shop All rights reserved.