トップ > 樹種で選ぶ > オーク(ナラ・楢)フローリング

オーク(ナラ・楢)フローリング材
オーク(なら・楢) は比較的加工が施し易く、堅牢性(固さ)も高い事から、世界中で昔から様々な用途で使用されています。ウィスキーやワインの樽や家具。そしてフローリングとしても大変人気です。なら特有のおおぶりな杢目はとても美しく、ハッキリしている為、無垢らしさが前面に出ます。表面は非常に硬質なため、表面加工(塗装など)によっては靴履きスペ ースにも使えます。 特に無塗装のオーク(なら・楢) はオイルステインカラーで好みの色調に仕上げたり、無色の天然由来ワックスやオイルで仕上げる等お客様が求める『個性』を大切に考え、様々な仕様の商品(乱尺/幅広/厚板/欧州産など)を取り揃えております。
オーク材(ナラ・楢)の評価(5 段階評価)
フローリング材としての人気:★★★★★
価格帯:★★★〜★★★★
施工性:★★★
硬さ:★★★★
長所:意匠性や寸法安定性が高く人気が高い樹種
欠点:無塗装の場合、表面がささくれ・毛羽立ちやすい

1,オーク・ナラ材の用途や種類


オーク・ナラ材はブナ科の広葉樹木として世界中に自生している木材です。日本では中部以北で自生する
ミズナラが有名です。比較的寒い地域に自生する木材で海外ではオーク(oak)と呼ばれ、日本ではナラ
(楢)材の総称で呼ばれています。
オーク材(ナラ・楢)は、堅牢性(硬さ)が高く加工性の良さからヨーロッパでは古くから家具材やドア、
フローリング材としても多く使用されてきました。木材の香りの良さや長期間の耐久性の高さからウィス
キーの樽材としての利用も大変有名です。

オーク材(ナラ・楢)材の種類には以下のものがあります。

・欧州のヨーロピアンオーク
・北米原産のホワイトオークやレッドオーク
・中国やロシア原産のモンゴリナラ
・日本原産のミズナラ
日本で流通しているオーク(ナラ・楢)のフローリング材の多くは、ロシア原産のモンゴリナラが多い傾
向に有り家具材の場合は、北米原産のホワイトオークが使用されることが多いようです。


オーク材のフローリング価格の傾向



フローリング材以外の用途も多いオーク材は、世界
的な需要があります。幅や厚みとグレードの差によ
って価格の幅が大きいのも無垢材としてのオーク材
の特徴でもあります。

・幅や厚みが大きくなる=価格も高くなる
・節や辺材を含まない物→希少性が高く高価な傾向


2,オーク材をフローリングで使用する際の注意点


オーク材は、フローリング・床材の代表的な樹種で、近年最も人気のある樹種の一つです。
フローリング材として使用する際の耐久性が高く、無垢材の最大の魅力でもある木目が大ぶりで美しさが
魅力です。
表面の塗装の仕上げ方(ウレタン塗装や自然塗装など)や節・辺材(白太)の入り具合などのグレードに
よってフローリング材の耐久性や表情が大きく変わる為、床材選びの際には重要な要素となります。
オーク材のフローリングは、特徴的でバリュエーションに富んだ木目が存在する樹種としても有名です。
オーク材のフローリングの代表的な木目が虎斑と呼ばれています。オーク材のフローリング表面には無垢
材ならではの特徴的な木目が数多く存在することを理解しておくことが重要です。




  • オークフローリング材[自然塗装の表情]

  • オークフローリング材[ウレタン塗装の表情]

オークフローリング材は、毛羽立ちやすいのでオスモ塗料等の自然塗料での仕上げが必要


無垢フローリング床材専門店 Cas online Shop All rights reserved.