トップ > 樹種で選ぶ > チェストナットフローリング

チェストナットフローリング材
チェストナット(クリ・栗)は木材自体にタンニン(腐りにくく虫に強い特性を持っている物質)を含んでいる事から昔から住宅の柱や鉄道の枕木など多くの用途で使用されてきました。 比較的堅く、また、表面のつるつる感も非常に良い木材です。更に杢目はとても明瞭で大振りな為、無垢らしさをより強く感じる事が出来ます。 当店では『アンティーク加工フローリング』としてのラインナップが売れ筋で、ヴィンテージで個性を求められる方に『間違いない逸品』として自信を持ってお勧めしています。
チェストナット(クリ)材の評価(5段階評価)
チェストナット材としての人気:★★★★
価格帯:★★〜★★★
施工性:★★★
硬さ:★★★★
長所:色むらが少なく床材として十分の堅さもある
欠点:鉄成分が近くにあると黒く変色することがある

1,チェストナット(クリ・栗)材の特徴や種類


クリの木は、海外ではチェストナット(chestnut)とよばれ私たちにとって身近な存在の樹種と言えます。
栗の木は硬さと耐久性に優れており古くは神社や仏閣の土台の材料や電車の枕木として活用されてきました。
栗の木にはタンニンが多く含まれており、害虫に強い反面で鉄成分を含む水分などが付着すると黒く変色す
るといった化学反応を起こすことがあります。
ダイナミックではっきりした木目が最大の特徴で色むらが少なく利用しやすいのも栗材の魅力です。
材質は重厚で弾力性もあり加工がしやすく水気にも強いため広葉樹の無垢材の中でもバランスが良い樹種と言えます。



クリ材のフローリング価格の傾向



クリ材は、価格の変動が少なく重厚な材質にも関わらず広葉
樹のフローリング材の中では割安な樹種と言えます。厚みや
幅、節などの有無を含むグレードでも価格は大きく変わる。

・幅や厚みが大きくなる=価格も高くなる
・広葉樹の床材としては安定的な価格帯


2,チェストナット(クリ・栗)材をフローリングで使用する際の注意点


チェストナット(クリ・栗)フローリング材は大ぶりで明瞭な木目と適度な硬さを持ちフローリング材に適した 材質です。加えて色むらが少ないため施工時の仮並べの手間も少なくて済みます。
はっきりとした大きな木目と着色系の塗料ののりも良いためアンティーク調のフローリング材などの材料としても すぐれた意匠性を発揮してくれます。
経年変化により時間が経過すると薄い黄色から茶系へと色味が変化してより重厚感が増していきます。
ウレタン塗装(塗膜系の塗装)を施したフローリング材は、基本的に定期的なメンテナンスは必要ありませんが、オ スモ等の自然塗装を施したフローリングの場合は1年に1〜2回程度メンテナンス用のワックスを上塗りしてくださ い。汚れを取り除き自然な艶感を取り戻すことが出来ます。
無塗装の無垢フローリング材の場合はオスモなどの自然塗装を施したほうが良いでしょう。自然な艶感が増し木目が より明瞭ななり汚れや水気に対する保護性能も向上します。
鉄成分を含む金属等を濡れた状態で放置していると栗材に含まれるタンニンが反応して黒く変色することがあります。
その際はサンドペーパー等で研磨して再びオスモ等の自然塗装を施すとよいでしょう。




  • チェストナット[無塗装]フローリングの表情

  • アンティーク加工を施した栗材のフローリング

チェストナット(クリ・栗)材の無垢フローリング[オスモ自然塗装]の施工事例
自然塗装は、無垢材の本来の質感を生かし栗材の魅力を最大限に引き出してくれます。


無垢フローリング床材専門店 Cas online Shop All rights reserved.