2022.8月20日より本決算SALE開催!! セールの概要はこちらから
  • ブラックチェリー複合フローリング施工事例
  • 無垢フローリング専門店キャスオンライン博多ショールーム
  • 複合フローリング 子供イメージ
 

後悔しない「挽き板フローリング」選び方&お手入れガイド

挽き板フローリング 施工事例

目次

1:挽き板(ひきいた)フローリングとは?

「挽き板(ひきいた)」や「挽き板フローリング」という言葉はあまり一般の方には認識がない言葉ではないでしょうか。挽き板とは、無垢の木材を薄くのこぎりで挽くという言葉が由来しています。薄く挽いた単板を合板基材などに張り合わせたフローリング材が「挽き板フローリング」という名称で呼ばれています。挽き板フローリング材の表面には無垢の木材が使用されていますが、樹種が異なる層を合わせることから「複合フローリング」という部類に分類されています。無垢フローリング材同様の意匠性の高さと自然環境保護への意識が高いヨーロッパを中心に無垢フローリング材の代替として広く普及していき、近年では意匠性の高さと床暖房等への対応が可能なことから日本の大手建材メーカーのラインナップに加わって広く普及しつつあります。

参照)挽き板フローリングの断面

  • 挽き板フローリング サンプル
  • 挽き板フローリング

1-1:挽き板(ひきいた)&突板(つきいた)フローリングの違い

「挽き板フローリング」は、「突板フローリング」や「シートフローリング」と同様に複数の樹種から形成されることから複合フローリングに分類されます。ちなみに無垢フローリング材は、すべてが同一の樹種で形成されることから単層フローリングという部類に分類されます。 挽き板と突板フローリングが表層に無垢材を使用することから混同されやすいのですが、最も大きな違いは表層に使用する単板の厚みの違いです。挽き板フローリング材に使用する表層には、2〜4伉度の単板が使用されます。施工後の仕上がりとしては一見して無垢フローリング材と見分けがつきません。挽き板の場合は経年変化によって表面が汚れた場合でも研磨(サンディング)により質感がよみがえる点においては、突板フローリング材よりも優れているなどの違いがあります。

フローリングの名称 表層の仕様 その他の違い
挽き板フローリング 2~4mm程度の無垢材単板 無垢フローリング材に近く小ロットでの生産が主流
突板フローリング 0.3mm~0.5mm程度の無垢材単板 大手建材メーカー品が主流
木質シートフローリング オレフィンシートや樹脂シートに印刷したシートを使用 大手建材メーカー品が主流、より工業製品に近く大量ロット生産

参照)突板フローリングの断面

  • 突き板フローリング サンプル
  • 突き板フローリング

2:挽き板フローリング選びで後悔しない3つのポイント

挽き板材のフローリングを検討する際によほど建築材に精通した専門家でなければその特徴や他のフローリング材との違いが判らないのは当然です。そこで、ここでは挽板フローリング材を検討する際の後悔しない3つのポイントについて触れておきましょう。

  •  嵌圓板材フローリングの特徴うやメリット&デメリットを理解しておく」
  • どんな商品でも必ず特徴がありメリットやデメリットが存在します。特に長く生活する居住空間においてきっと誰しもが後悔したくないと思うのは当然です。床材選びで後悔しないためにも事前にその特徴やメリットとデメリットを理解しておきましょう。

  • ◆崋楕のサンプルや施工事例で質感や施工した際のイメージを確認しておく」
  • フローリングのサンプルでは、色味や質感、塗装の艶感などを確認しておく必要があります。また施工したフローリングの事例等では全体のお部屋の雰囲気を確認しておくと良いでしょう。どちらも確認しておくことで理想のイメージに近い床材選びに役立ちます。

  • 「お手入れ方法やメンテナンス方法を理解しておく」
  • 日々の生活においてはお手入れ方法やメンテナンスも重要なポイント。木質系フローリング材の場合は、塗装の種類によって特にメンテナンスが違います。それぞれの商品の特徴と合わせて理解しておくと満足感に繋がります。

3:挽き板フローリングの特徴

挽き板フローリング材は、無垢フローリング材の意匠性と複合フローリングの機能性を併せ持つ点が最大の特徴です。以下のポイントが挽き板フローリング材の代表的な特徴です。

ブラックチェリー複合フローリング サンプル
  • ・表層には無垢材の挽き板を使用しており無垢フローリング材と同等の質感を感じられる。
  • ・無垢フローリングと比較すると幅広材(120弌190弌砲鮖藩僂任意匠性に優れている。
  • ・湿度や温度変化に伴う膨張や収縮が少なく施工後でもフローリングの隙間ができにくい。
  • ・膨張や収縮が少ないため多くの商品で床暖房設備での対応が可能である。
  •  ※商品によって取り扱うメーカーの床暖房設備への適応基準が違いますので確認は必要です。
  • ・加工や塗装の種類は豊富だが、使用される樹種には限りがある。
  • ・無垢フローリング同様にロットによって必ず色や節、木目のムラがある。

3-1:挽き板フローリングが床暖房で人気の理由

挽き板フローリングイメージ

挽き板フローリング材の採用を検討する理由の一つに「床暖房で使用したいから」という理由があります。一般的な無垢フローリングは、床暖房設備の温度変化による膨張や収縮が必ず起きるため不向きです。挽き板フローリングに使用される合板基材は、薄くスライスした木材を複層的に接着しているため膨張や収縮が起こりにくい構造になっています。床暖房対応の無垢フローリング材の多くが75亢劼任△襪里紡个靴独圓板フローリングは150亢劼鯆兇┐詆広材での使用が可能です。加えて突板フローリングと比較して挽き板の厚みが2弌4个噺いので経年劣化で床面の傷や汚れが目立ち始めたら表面をサンディング(研磨)することもできます。一般的な無垢材や突板フローリングと比べると相対的には高い挽き板フローリングですが、それでも長く使い続けるとゆう理由もあり床暖房設備での採用で人気があります。

4:挽き板フローリングメリット&デメリット

挽き板フローリングに限らずどんな商品にもメリットとデメリットは存在します。特徴と合わせて改めておさらいしておきましょう。

4-1:挽き板フローリングのメリット


無垢材の質感と同等の意匠性の高さ

挽き板フローリング材のフローリングは、表層に無垢の挽板材を使用しているので見た目には無垢フローリングと同等の質感が再現出ます。塗装の種類によって質感は若干の違いがありますが、無垢材特有の自然な木目や色味のコントラストは、天然木の魅力でもあり高い意匠性が実現できます。

床暖房にも対応できる機能性の高さ

挽き板フローリング材には主に合板が基材として使用してあります。無垢フローリング材は、乾燥工程を経て製品化しても床暖房等に使用すると温度変化に伴う隙間や割れといった変化が必ず起こります。合板基材の挽き板フローリング材は、温度変化に対して膨張や収縮の程度が極めて低いので床暖房設備にも使用できるのです。もちろん一般のフローリング材としても使用でき、無垢フローリング特有のフローリング間の隙間などもほとんど発生しないので高い機能性が魅力です。

150个鯆兇┐詆広材の使用が可能

一般的な無垢フローリング材の材幅は90〜120个任后床暖房対応の無垢フローリング材では75个箸いΔ里一般的です。これは幅が広くなるほどに膨張と収縮の程度が大きくなるので無垢フローリング材では120个鯆兇┐詆広材はあまり流通していません。合板基材の挽き板フローリングは、150个鯆兇┐詆広材でも使用が可能です。幅広材を使用すると無垢材特有の木目の質感が出やすく、大ぶりで自然な木目のコントラストが落ち着いた雰囲気と高級感を与えてくれます。

サンディング(研磨)により甦る質感

一般的な突板やシートタイプの複合フローリングと比べ、2〜4伉度の表層の挽き板の厚みがあるのでサンドペーパー等で表面を研磨して質感をよみがえらせることが可能です。長年使用したのちでも床材を張り替えることなくフローリング材の質感がよみがえります。表面の塗装は、ウレタン塗装や自然塗料のオイル塗装が一般的ですがウレタン塗装の場合は塗膜が固いのでプロの業者にお願いする必要があります。

4-2:挽き板フローリングのデメリット


価格帯は相対的に高めである

挽き板フローリングは、大手建材メーカーのラインナップでも最高級のラインナップで販売されています。無垢フローリング材と比較しても相対的に高めです。挽き板に使用される無垢材は比較的に高価な樹種が多く、製造に手間がかかることが主な理由です。

樹種のラインナップが限られている

挽き板フローリングに使用される樹種は、オーク材やウォールナット、ハードメープルやブラックチェリーなど意匠性が高く人気のある樹種に限られています。無垢材などのフローリングのラインナップに比べると限られた種類といえます。

質感や木目のムラがある

これはメリットでもありデメリットとも言えますが、挽き板の無垢材には色味や質感のムラが必ず存在します。シートフローリングや突板フローリングと比べて色味の濃淡や節の有無など無垢フローリング材同等の天然木独自のコントラストがあります。

5:挽き板フローリングの塗装の種類とお手入れ方法

  • 掃除機イメージ
  • 拭き掃除

挽き板フローリングには大きく分けて2種類の塗装があります。フローリング表面の塗装方法の違いによってお手入れ方法が大きく変わるため、塗装の種類と合わせてお手入れ方法を理解しておきましょう。

自然塗装(オイル塗装)

天然の油分を主な原材料とする自然塗料を塗布して表面の保護する塗装方法です。自然な艶感が特徴的な塗装方法で木材との相性が良く木材表面に浸透して保護性能を発揮することから浸透系塗装とも呼ばれます。無垢の質感を美しく保ち木材本来の湿度調整機能を活かせる塗装方法です。自然塗料は、傷や摩耗に対しての耐性はありませんが無垢材の表面を乾燥や水気から守るための塗料で手軽にメンテナンスできるという利点があります。

自然塗装フローリングのお手入れ方法

通常のお手入れ方法でお掃除が可能です。通常時は、掃除機やシートタイプワイパーなどでごみを取り除きましょう。水拭きも可能ですが、頻繁に水拭きをすると表面の油分が少なくなりますので月に1〜2回程度を目安にし、表面が乾いてカサつき始めたら専用メンテナンスワックスで油分を与えてあげると自然な艶感と水気に対する保護性能を取り戻してくれます。

通常のお掃除方法 お掃除も際の注意点 メンテナンスワックスの使用
◎掃除機
◎雑巾乾拭き
◎ドライシートでのお掃除
△雑巾での水拭き
雑巾を固く絞って使用する
通常のお掃除方法でOK。
表面にオイルが塗装されていますので水拭きの頻度は少な目で。
化学薬品の使用はNGです。
オイル塗装用の専用メンテナンスワックスで定期的に油分を与えることで質感と保護性能を保つことが出来ます。
  • オスモメンテナンス商品
  • [自然塗装専用メンテナンスワックス]
    オスモ社は自然塗料発祥の地ドイツから世界的に有名な自然塗料の専門の実績ナンバーワンメーカーです。日本国内でも手軽に購入できます。手軽なお手入れ用のウォッシュ&ケアーと定期的なワックスがけにはワックス&クリーナーがおすすめです。

    商品詳細ページへ

ウレタン塗装(UVウレタン塗装)

ウレタン塗装とは、ウレタン樹脂を硬化させてフローリング表面に塗膜をつくり汚れや傷から保護する塗装です。フローリング工場での生産の場合、ウレタン塗装の樹脂に紫外線を照射して硬化させることからUV塗装と呼ばれることもあります。硬化したウレタン塗膜は、水気や汚れ、油分などに対して耐性が高いのでお手入れがしやすいのが特徴です。ウレタン樹脂によって硬化させるため工業的な艶感が出るといった見た目の違いもあります。

ウレタン塗装フローリングのお手入れ方法

通常のお掃除方法での掃除でOKです。水拭きも可能ですが、必ず雑巾を硬く絞って使用することが大切です。定期的なメンテナンスのワックスの必要はありませんが、表面の艶感を出すためにメンテナンスワックスを使用する際には必ずウレタン塗装専用のワックスを使用しましょう。また、ワックスによっては艶感が大きく変わることがあるので部分的な試し塗りをして艶感を確認するのが良いでしょう。

通常のお掃除方法 お掃除も際の注意点 メンテナンスワックスの使用
◎掃除機
◎雑巾乾拭き
◎ドライシートでのお掃除
〇雑巾での水拭き
※雑巾を固く絞って使用する
通常の掃除機でのお掃除や雑巾がけ等で問題はありません。水分や液体をこぼした際には速やかにふき取る事。 頻繁にワックスを使用する必要はありません。使用する際はウレタン塗装専用で試し塗りをして艶感を確認する。

6:挽き板フローリングで人気の樹種3選とおすすめ商品

挽き板フローリング材で人気の樹種とそれぞれの特徴を合わせてご紹介していきましょう。

広葉樹の王様オーク挽き板フローリング材

  • fl-3052 オーク複合フローリング 施工事例
  • [オーク材の特徴]

    オーク材は世界中に広く分散する広葉樹を代表する樹種です。ブナ科の広葉樹で北欧家具に代表される落ち着いた色味と適度な硬さや加工性の良さから世界中で愛されています。和名はナラ(楢)と呼ばれることもあります。挽き板フローリング材の中でも常に人気の樹種で適度な硬さと落ち着いた色味から年代を問わず選ばれ続けています。

[オーク挽き板フローリングで人気のおすすめ商品]
150亢劼良広材で力強いオークの木目が際立つ存在感が魅力です。

FL-3002 オーク挽き板複合フローリング プライムグレード オスモ自然塗装
商品詳細を確認する

世界の銘木ウォールナット挽き板フローリング材

  • fl-3002 オーク複合フローリング プライムグレード 施工事例
  • [ウォールナット材の特徴]

    ウォールナットは、北米原産の世界を代表する銘木として有名な樹種です。クルミ科の広葉樹で最大の特徴は、深く濃い茶系の色味でフローリング以外にも家具や楽器など意匠性が高い高級材としても知られています。北米産のブラックウォールナット以外にもクルミ=ウォールナット材は存在するが色味は全く異なる

[ウォールナット挽き板フローリングで人気のおすすめ商品]
ワンランク上の高級材ならではの落ち着いた深い色味が常に人気です。

FL-3101 ブラックウォールナット挽き板複合フローリング プライムグレード オスモ自然塗装
商品詳細を確認する

北米広葉樹ブラックチェリー挽き板フローリング材

  • fl-3302ブラックチェリー複合フローリング施工事例
  • [ブラックチェリー材の特徴]

    北米原産のブラックチェリーは、サクランボよりも大きな黒い実がなる事でも有名です。北米を代表する広葉樹の一種で褐色の緻密な木目に加えて時間とともに増す飴色の艶感が魅力的な樹種です。

[ブラックチェリー挽き板フローリングで人気のおすすめ商品]
なめらかで緻密な木目と落ち着いた褐色の色味が最大の魅力です。150亢劼梁減澳兇高級感を演出します。

FL-3302 アメリカンブラックチェリー挽き板複合フローリング プライムグレード オスモ自然塗装
商品詳細を確認する

7:挽き板フローリング価格について

挽き板フローリング材は、一般的なフローリング材に比べ相対的に高価な床材と言えます。また、無垢フローリングと違い表層の挽き板に使用される樹種が限られており主に意匠性が高い高級樹種が中心のラインナップとなっています。ここでは挽板フローリングの価格を左右するいくつかの要素について解説していきます。

参照)木質フローリングタイプ別の価格と木質感のイメージ図

木質フローリングタイプ別の価格と木質感のイメージ図

7-1:挽き板フローリングのグレーディングや規格で価格が変わる?

挽き板フローリングに使用される「挽き板」には、グレーディング(等級)があるのをご存じでしょうか。挽き板に使用される無垢材は当然のことながら自然の産物で無垢フローリング材と同様に色味のムラや節などが存在します。たとえるならマグロでいうと大トロ→中トロ→赤身といった具合に希少性や価値が高い挽き板は、価格が高いのです。また、挽き板に使用される樹種や規格や加工といった要素も大きく価格を左右します。チークやウォールナットといった最高級樹種は、家具や楽器などの木製製品での人気も高く挽き板の原材料も高く挽き板の原材料自体が高価です。規格に関しては、の単板の長さが長く、厚みが厚く巾が広くなるほど価格は上がります。

挽き板フローリングの価格を左右する3つの要素

挽き板材フローリングの購入にあたり同程度の商品の場合には以下の3つの要素を理解しておけば比較検討しやすいでしょう。

  • “圓板の原板の樹種によって価格が変わる
  • 挽き板の原板のグレーディング(等級)によって価格が変わる
  • H圓板の規格(サイズ)や加工によっても価格は変わる

参照)無垢フローリングのグレーディング(等級)基準

無垢フローリングのグレーディング(等級)基準

8:まとめ 後悔しない「挽き板フローリング」選び方&お手入れガイド

挽き板フローリングに関する様々な内容に触れてきました。私たちにも日ごろから「無垢材で幅が広く床暖房に使用できるフローリングありますか?」といった問い合わせがよくあります。そんな時は無垢材と同等の質感の挽き板材の複合フローリングをおすすめしています。 フローリング選びは日々の居住空間に係る重要な要素なので迷うのは当然です。ただし、様々な選択肢の中から選ぶ際の判断材料として知っておけば納得できることも多くゆくゆくは満足感に繋がります。挽き板フローリング以外の選択肢も併せて床材選びにお役立てください。

無垢フローリング床材専門店 キャスオンライン All rights reserved.