トップ > 樹種で選ぶ > ウォールナットフローリング

ウォールナット(クルミ)フローリング材
ウォールナット(くるみ)は世界三大銘木(ウォールナット・チーク・マホガニー)の一角を担う高級品で、濃紫色の木肌が特徴的な木材です。
木材自体は加工し易いのですが、材はそれに反し硬質で狂いも少ない(ねじれなど変形しにくいこと)為、様々な用途(建材や家具。変わった所ではライフルの銃床やピストルのグリップ、薫製用のチップなど)で利用されています。
床材として使用した場合、落ち着きある中に時折見せる複雑な木目と、黒?淡紫のグラデーションが自然物でしか作り出せない表情がとても味わい深い印象をお部屋作りに生かす事が出来ます。
ウォールナット材(クルミ・胡桃)の評価(5 段階評価)
フローリング材としての人気:★★★★
価格帯:★★★★〜★★★★★
施工性:★★★
硬さ:★★★★
長所:寸法安定性も高く高級感がある無垢材の代表的な樹種
欠点:毛羽立ちやすい、価格が高価傾向にある

1,ウォールナット材の特徴や種類


ウォールナット材は、和名ではクルミ(胡桃)の木を指します。最も代表的なウォールナット材としては、
北米の中部〜東部のアパラチア山脈を中心に自生するアメリカンブラックウォールナットが有名です。
茶〜黒褐色の色味は、黒系の樹種の代表格に位置しマホガニーなどに並ぶ北米産の広葉樹の中でも最高級
の木材としても世界的に人気の樹種です。 十分に乾燥した状態では寸安定性も高く、加工や塗装性が高く高級家 具材としての需要が高いのも大きな 特徴と言えます。
ウォールナット材(クルミ・胡桃)材の種類には以下のものがあります。


・北米産のアメリカンブラックウォールナット [色味:紫〜黒褐色]
・日本産のオニグルミやサワグルミ [色味:薄茶色・赤茶色]
・※同じクルミ科の樹木でもブラックウォールナットと国産オニグルミは色味が全く違うので注意。
・※東南アジア産出のニューギニアウォールナットは、クルミ科の樹木ではありません。

黒褐色の北米産のアメリカンブラックウォールナットに対して、国産のオニグルミは薄い茶色〜赤色の色
味を帯びおり同様のクルミでもその表情は全く違う為、高級家具材などに使用されるウォールナット材を
意識される場合はアメリカンブラックウォールナットを指します。


ウォールナット材のフローリング価格の傾向



北米産のブラックウォールナットは世界的な需要が高く
比較的高価な傾向にあり国産のオニグルミ等は比較
的に安価な傾向にあります。

・幅や厚みが大きくなる=価格も高くなる
・節や辺材を含まない物→希少性が高く高価な傾向


2,ウォールナット材をフローリングで使用する際の注意点


ウォールナット材は、フローリング材として使用する際の耐久性が高く、十分な硬さや割れくい材質、加
工性良さからフローリング材としても適しています。無垢材としては、希少性の高い紫〜黒褐色を含む色
味と大ぶりな木目が比較的男性に好まれる傾向にあります。

無塗装品のフローリング材を採用される際は、自然塗料やワックスでの仕上げを行うほうが良いでしょう。
無塗装の状態で数年ほど経過すると表面が乾燥し白っぽくなります。
ウォールナット材の表面は、木目が入り組んでおり毛羽立ちやすい傾向にある為、サンドペーパー等で十
分に表面を滑らかに仕上げオスモ等の自然塗料で仕上げれば自然な艶感と木目がより際立ち保護機能も
アップします。
オスモ等の自然塗装を施したフローリング材は、年に1〜2回程度のメンテナンスワックスを上塗りすれ
ば自然な艶がよみがえり、保護機能も向上します。
ウレタン塗装を施したフローリング材は、基本的なメンテナンス等は必要ありません。
ハンドワイパーや 掃除機等で日々のお掃除が簡単にできます。




北米産アメリカンブラックウォールナット材 フローリング[自然塗装の表情]
最大の特徴は紫〜黒褐色の色味と不規則で大ぶりの木目が無垢の質感が無垢材の高級感を醸し出す


ウォールナットフローリング材の施工事例[無塗装品]
ウォールナット材の木目や色味の表情は、調光によっても大きく変化します。


無垢フローリング床材専門店 Cas online Shop All rights reserved.