• ブラックチェリー複合フローリング施工事例
  • 無垢フローリング専門店キャスオンライン博多ショールーム
  • 複合フローリング 子供イメージ
 

無垢フローリングを施主支給するにあたってのご注意点

無垢フローリング専門店キャスオンライン 施主支給に関して

無垢フローリング専門店キャスオンラインでは、工務店さま・設計事務所・大工さんなど建築関連にて携わっている方々を中心にお取引を行っております。ではお施主さまに直接販売していないのかというと、勿論お施主様にも直接販売を行っておりこだわりの床材を自らご検討いただいた後ご発注頂いております。お施主さまにて選定を行う施主支給を行う背景や留意点等併せてご紹介して参りたいと思います。

【 目次を見る 】

無垢フローリングの施主支給とは?

施主支給とは?

ご自宅を新築・リノベーションする際工務店さまや設計の方に相談しこだわりのインテリアや床材・天井材など内装資材などご提案頂いたりご自分で探したりと理想の生活感や空間を擦り合わせていきます。全てお打ち合わせ通りにイメージが進めば良いのですが、いざお打ち合わせを始めてみるとデザイン面やコスト面など想定の思惑通り合わない機会も珍しくありません。

工務店さまや設計の方々など注力を尽くしてくれているのですが、どうしても断念しかねる機会も多いかとは思います。一進一退を繰り返しながらお施主さま自ら実際の商品を比較・お見積りなどを行いご発注までを行うことを施主支給と呼称されており、実際に水回り(キッチン・バス)や床材など一部こだわりのものにするといった選択肢を広める手法でございます。では施主支給を行なった際のメリット・デメリット次項にて解説していきたいと思います。

施主支給を行なった際のメリット・デメリット

施主支給を行なった際のメリット・デメリット

施主支給という選択肢は自由度が高く、身近なアイデアを形に出来るなどメリットとして挙げられるもご自分で施工業者さまと連携をとる・細部に渡って選ばないといけないと言ったデメリットもございます。お施主さま自らこだわりの商品をご発注いただくに当たって、メリット・デメリットをご紹介していきます。

施主支給を行なった際のデメリット

規格や仕様の確認などを理解する必要がある

フローリングをお施主様自ら選定するデメリットとして先ず挙げられるのが、床材の規格や仕様等を理解する必要がある点です。質感が気に入った・お色が好みなど感性的な印象は大事なのですが、自宅のリノベーションを行う際フローリングの厚みが高く床張りが出来ない床暖房を使いたいが無垢フローリングだとNGなど施工上使えない・無垢材の特性上使えないなど予め予備知識を入れたり、施工業者さまへご相談したりと気に入ったデザインだが使用できるのかご確認いただく必要があります。

コスト面を調整する必要がある

工務店さまや設計の方々は頻繁に取引を行う資材メーカーさまの商品を元に内装プランを考えていただきます。一部高価な部材を選定した際、他の箇所を安価にする・取り扱いメーカーさま以外は別途費用が発生するなど特約外のコストが発生したり全体の内装に使用できるコストを調整したりと予算配分を明確にしていかなくてはなりません。全てこだわりのものに出来たら良いのですが、こだわるポイントの強弱も併せて整理していきましょう。

納品の際の段取りをする

内装資材全般に言えることなのですが、施工業者さまは適切な人員の配置や現場に入られる業者さま一人一人の裁量を計算し工程を組まれております。万が一納品の日時を間違えてしまうと工事の遅れにより追加の費用が発生するケースもありますので充分に注意が必要です、納品の日時や荷受け方法など事前に施工業者さまとお打ち合わせの元ご発注をお願いしております。

施主支給を行なった際のメリット

こだわりの空間の選択肢が増える

自宅の内装を考えることが好きな方はwebサイトや雑誌などメディアを通じてイメージされていらっしゃる方等多いのではないでしょうか。例えば自宅をリノベーションされる際工務店さまや設計の方々は指定メーカーなどの商品を元にプランニングされる為お施主さまの意向に沿わないケースがある点も現実ございます。ご自分でお好みの内装材を探し、仕様確認を経て実際に使えるかなどご相談しながらお打ち合わせを行うケースも多々あるので断念せずご提案されていくと良いでしょう。

コストダウンを期待できる

前述した通り建築関連の会社さまは指定されたメーカーを元に内装材や水回りはプランニングされる為、デザインによっては高価になる可能性があるケースもありますがお施主さま自ら探し安くなったケースも報告されております。安価になった場合どういった箇所が既存のご提案より異なるのか?そもそも導入して良いのかしっかり吟味して頂いたのちに選定致しましょう。

施主支給の際のトラブル事例

施主支給 トラブル事例

施主支給の良し悪しを解説致しましたがリスクを知っていれば思わぬトラブルは免れることができるかと思います。想定外のトラブルにならないよう過去に発生したトラブルをご紹介致します。

納品の際指定した日時に誤りがあった

前述しておりますが、納品日程に関してのご発注が稀にございます。お施主さまが指定した日時と施工業者さまの日時に相違がありご発注の際の不備で現場にご迷惑がかかったケースがございます。必ずご発注の際に納品日時を確認し指定いただき荷受け方法なども併せてご情報を共有して下さい。

床材を張る広さが異なる

お施主さまが想定を下回る数量をご発注してしまい、発覚した後日施工業者さまが自らご発注し調整されたといったケースが過去にございました。お見積りを行う段階からどの程度必要で、どこに床張りするのかきちんと整理して頂きご発注をお願いしております。無垢フローリングの場合ロスと言われる余分数を拾う割合5-10%と言われております、床張りする広さをご確認の上ロス分を加味することを念頭におきましょう。

引き渡し後に床面のトラブルが発覚した

弊社無垢フローリングをご発注頂き無事納品後、床面の塗装が剥がれていたというご報告を受けたケースがございます。商品の不備なのか、運送中の不備なのか、施工の際の不備なのか検証したのち床張り施工を終え養生テープを剥がす際に塗装が剥がれたといった結果になった為施工業者さまがその後修復を行ったのですがご契約の際に誰が管理責任を負うのか等取り決めを行う必要があります。

無垢フローリングをお見積りする際のご確認頂きたいポイント

無垢フローリングをお施主さまにてご発注を検討する際想定の広さを元に送料を含めたお見積りをお出ししております。比較・選定いただく上で誤りが無いようお見積りの際ご確認頂きたいポイントをご紹介致します。

想定する床面積を伝える

広さを計算する単位として、一般的には〜平米や〜坪といった単位がございます。いずれも広さを表す単位ですが厳密にいうと平米にてお伝え頂くことをお勧めしております。平米でお伝え頂くと床材ごとの価格を比較しやすいうえに大まかな単位で表現する「坪」よりは細かな単位で表現できる為ご自宅の広さが〜屬覆里ご確認をお願いしております。

床材のメーカーごとに比較していくと、1梱包ごとの価格や1平米あたりの金額など曖昧になるケースもございますので平米価格にて比較しご検討お願い致します。

床材の種類で比較 用途別床材おすすめガイド
関連記事:
床材の種類で比較 用途別床材おすすめガイド

建物や間取りの広さを表す最も一般的な広さの単位としてm²(平米・へいべい)の単位が用いられます。単純に1m×1m=1m²となります。

希望の納品日程を伝える

無垢フローリングは国内・国外の商品がございますが、オーク材やチーク材など外国産材に関しては為替や輸送インフラに影響される時期によっては価格が変動する可能性が考えられます。お見積りし実際に施工するまでのスパンが長すぎると無垢フローリングの価格が上がっているケースもございますので予めいつ頃使用されたいのかお伝え頂くのをお勧めしておりますが日程が不明確なこともあるのでおおよそいつ頃等お伝えいただくと実際ご発注頂く際スムーズに段取りを行えます。

商品在庫を確認する

こだわりの無垢フローリングを選定頂いたのに在庫が少なく販売出来ないといったケースは双方にとってデメリットしか無い為、予め商品在庫を確認しましょう。オーク材やブラックウォールナットなど人気商品に至ってはどのメーカーさまも商品在庫が流動的なのでご注意が必要です。

[よくある質問・Q&A]ロス率とは?

ショールームへ来られたお施主さまより資材ロスとはなんですか?とよくご質問いただきます。ロス率とは想定の平米数に対して、細かい箇所にて切りづかいする・特殊な施工が必要など加工した際に一定のロスを想定した余分のパーセンテージをロス率と呼称されます。

まずはカットサンプル請求がおすすめ

サンプル請求

webや雑誌等あらゆるメディアにて視覚的にお気に入りの床材を見つけた際は先ずサンプル請求して頂くことをお勧めしております、色調的にお好みの床材を見つけた際無垢フローリングに至っては表層の塗装による質感や実際の色味などご確認頂くとよりイメージされている空間に近づくのでは無いでしょうか。

無垢フローリング 節

無垢材の特質上、節と言われる木の枝が幹に巻き込まれた箇所の有無グレーディングと呼ばれる木材の等級ごとに床張りした際の全体の見え方が変わってきます。お好みの色調が探せた次のステップは無垢材の予備知識を取り入れることで、空間全体の風合いやお掃除・メンテナンス等憧れの空間での生活しているイメージが湧いてくるのでは無いでしょうか。下記より無垢材の節に関して・グレーディングなどの予備知識コラムを書き記しておりますのでお気になさった方は是非ご覧ください。

無垢と合板フローリングの違いやそれぞれの特徴
関連記事:
無垢フローリングの節の多さで変わる印象と価格

節について一挙解説する前に節がある樹種や建築物をイメージするとまず木材に関しては杉や松などイメージされる方は多いのではないでしょうか。

無垢フローリング・床材の種類や価格
関連記事:
無垢フローリング・床材の種類や価格

無垢フローリング材は、木の種類やグレードの違いによって価格も違います。「無垢の床材を採用したいけど無垢材は高いでしょう?」という声を耳にします。

無垢フローリングを施主支給する際のご注意点:まとめ

無垢フローリングを施主支給するにあたっての注意事項やメリット・デメリット等ご紹介させて頂きました。選択肢の幅が広がり、お好みの素材をご自分で探せ理想の空間が見えてくる一方で配送の手配や担当して頂いている建築関連の会社さまとの連携がカギとなる施主支給。せっかくご提案頂いたのに「理想の商品は無いか」、「もっと安価に出来るのでは」などお悩みの方は弊社でも施工会社さまでも一度ご相談頂くと理想の住まいの近道になるかもしれません。

無垢フローリング床材専門店 キャスオンライン All rights reserved.