ピックアップコラム

知っておきたいリノベーションの基礎知識
リノベーションで選ばれる人気の無垢&複合フローリング7選

知っておきたいリノベーションの基礎知識

リノベーションを前提とした中古住宅の購入を検討される方が多くなってきました。新築住宅よりも割安に人気のエリアに住宅を購入でき、「自分好みのリノベーション」が出来ることから人気を博しています。キャスオンラインでも、リノベーションを検討されるお客様からの問い合わせを多く受けます。ここではリノベーションとリフォームの違いや物件選びなどのポイントなど「知っておきたいリノベーションと基礎知識」としてまとめてみました。リノベーションを前提とした中古住宅の購入を検討する際にはお役立てください。

[リノベーションとリフォームの違いとは?]

リフォームとリノベーションという言葉の境目はあいまいですが、皆さんはリノベーションという言葉からどういった内装や設備をイメージとして連想されますか?実はリフォームとリノベーションという言葉には明確な定義の違いはありません。近年、「リノベーション」という名称が多く使われるようになってリフォームと混同されるようになりその定義もよりあいまいになっています。しかし、リノベーションの言葉の意味を理解するとリフォームとの違いも分かりやすく理解することが出来ます。

「リノベーション」とは
リフォーム(Reform)+ イノベーション(Innovation)=リノベーション(Renovation)

リノベーションという言葉は、住宅の設備や内装の修繕や改修を意味する「リフォーム」と新たな技術や機能面での付加価値を加える革新という意味の「イノベーション」という言葉を組み合わせた日本国内で使われる造語として生み出されました。つまり、間取りや設備、内装や機能を一新して新たな生活空間に革新を加えるような大型リフォームの事を「リノベーション」として指すようになりました。
近年はリフォームとリノベーションを混同するケースも多いようですが、設備や内装の基本的な性能の改修は「リフォーム」。中古住宅の間取り変更に加えて設備機器や内装を一新してより付加価値のある生活ができるよう大型リフォームを「リノベーション」として理解すると良いでしょう。

[中古戸建・中古マンションのリノベーションの違いとは?]

リノベーションを検討する際に必ず検討すべき分かれ目が「中古戸建」と「中古マンション」の選択肢があります。同じ希望のエリアに中古戸建と中古マンションがある場合にはどちらを選ぶ方が得なのでしょうか?それぞれのリノベーションを検討する際のポイントやメリット&デメリットをまとめてみました。

「中古戸建をリノベーション」

日本の戸建住宅の多くは、木造建築や軽量鉄骨の建物がほとんどです。中古戸建を検討する際に以下の注意点やメリット&デメリットを理解したうえでリノベーションを検討しましょう。

中古戸建のリノベーション検討チェックポイント

築年数

中古建ての築年数は、構造上の強度という観点でも重要なポイントです。1981年6月以前の建物は古い耐震基準で建てられた可能性があるので注意が必要です。2000年以降でも住宅品質確保促進法が施工され更なる構造的な強度が求められています。木造建築の場合は、築20年以上の建物は構造的な強度の補強も視野に入れておいた方が良いでしょう。

構造躯体や間取り

木造住宅の中古戸建の場合、基礎部分の不陸やクラック、土台部分の白アリ等の被害などもチェックが必要です。間取り変更を検討する際には、「柱を移動できるかどうか?」といった検討は構造にも精通した設計士からのアドバイスのもと検討が求められます。2×4住宅のように壁面で躯体の強度を図る工法では間取り等変更できないケースもあります。

外壁や屋根

中古戸建では、外壁や屋根等の外部に接する箇所の補修費用が余分にかかることが中古マンションの購入とは大きく違います。中古住宅購入の際には必要な費用として考慮しておきましょう。

断熱工事やサッシの変更

中古戸建住宅では、断熱性能の向上を目的として断熱工事やサッシ工事なども必要に応じて検討が必要です。断熱性能の向上を目的としたリフォームには補助金等の助成もありますので上手に活用しましょう。

外構

戸建住宅の場合には、駐車場や外構部分の補修費用も考慮しておく必要があります。

中古戸建リノベーションのメリット&デメリットまとめ

築年数が20年以上の中古戸建住宅のリノベーションでは「構造上の強度を補強」「外壁や屋根の補修・再塗装」「断熱工事・サッシ工事」「外構部分の改修や修繕」といった項目も内装や設備の変更と併せて必要になるケースがあります。内装的な意匠や設備機器の変更を主体とする中古マンションのフルリノベーションに比べ、費用が多くかかる事を理解しておきましょう。ただし、住み慣れた住まいが戸建住宅の場合には費用をかけてリノベーションされるケースも少なくありません。戸建住宅のリノベーションでは、耐震性能の向上や断熱リフォームと併せて意匠面のリノベーションをされるケースが多いのが中古戸建のリノベーションの特徴です。

「中古マンションをリノベーション」

都心部を中心に中古マンションのリノベーションを検討される方が多くいらっしゃいます。主に住み替えを検討される方が多く、希望のエリアで新築マンションと比べリノベーション費用を加えても割安に購入できることが人気の理由です。

中古マンションのリノベーション検討チェックポイント

築年数

木造住宅同様に中古マンションでも築年数の確認は重要なポイントです。1981年6月以降のマンションでは「新耐震基準」が適用されており物件選びの重要なポイントと言えます。又、中古マンションは築20年程で資産価値が落ちにくい底値を迎える事が多くリノベーションにも向いていると考えられています。あまり築年数の古い建物では、長期の住宅ローンが組めないケースもあるので事前に確認したほうが良いでしょう。

共用部分の管理費修繕積立費

中古マンションの場合、マンションを日常的に維持していくための「管理費」や中長期的に修繕する費用として共住者が共同で積み立てる「修繕積立費」といった費用が家賃とは別にかかります。中古マンション購入の際は、共用部分のエントランスやポスト、自転車置き場といった箇所がきれいに清掃・管理されているかどうかを確認するとマンションの管理状況が分かります。修繕積立費は、物件購入前に修繕履歴や計画、修繕積立金の積み立て状況などを必ず確認しておきましょう。

構造躯体や間取り

中古マンションでフルリノベーションを検討する際には、間取りの変更も必要になります。中古マンショでも稀にマンションの壁が撤去できないケースもあります。マンション室内に構造躯体として建物の強度を保つための壁や柱は当然のことながら撤去できません。中古マンションの購入を検討する際には、事前に「間取りの変更が可能かどうか?」をリノベーション専門の業者や不動産屋さんに必ず確認して購入を検討しましょう。

知っておきたい中古マンションの「スケルトンリノベーション」

近年、中古のマンションのリノベーションで多いのが「スケルトンリノベーション」と呼ばれる手法です。壁や床・天井の内装や設備などすべてを撤去して間取り変更も併せて行うフルリノベーションする事を意味します。間取りや内装・設備・配管なども全て変更する為、自分好みの全く新しい生活空間をつくることが出来ます。スケルトンリノベーションは、通常のリノベーションに比べ高額ですが大幅な間取りや自分好みの内装への変更が可能ですので築年数の古い物件でもスケルトンリノベーションで自分好みの間取りやおしゃれな内装に変更できれば総額で新築物件より割安で仕上げることも可能です。

中古マンションリノベーションのメリット&デメリットまとめ

中古マンションのリノベーションは、都心部を中心に人気があります。中古の戸建住宅リノベーションと比べて外壁や屋根、外構といった外部に接する部分の修繕費用がかからないメリットがあります。リノベーションにかける費用が出やすく設備や意匠、間取りの変更などに費用をかけやすい為、フルリノベーションやスケルトンリノベーションの手法が多いのも中古マンションのリノベーションの特徴です。中古マンションは、築20年程度で底値を迎え資産価値が落ちにくくなるとも言われていますので購入する際の目安にするのも良いでしょう。反面で、中古マンションでは家賃以外で必要になる共用部分の管理や修繕積立費用がかかってきます。必ず事前に費用や履歴などの管理状態はチェックしておきましょう。スケルトンリノベーションを想定される場合は、リノベーション費用と併せて間取りの変更が可能な物件かどうかも事前に確認しておきましょう。

[リノベーション向け中古物件の探し方]

リノベーション向けの中古物件を探す際にどんなふうに進めればいいのか悩まれる方も多いと思います。まずは優先したい希望の順位を付けると整理しやすくなります。

    希望する条件の項目

  • A:希望のエリア
  • B:中古戸建 or 中古マンション
  • C:広さや間取りの条件
  • D:物件購入+リノベーション費用の総額イメージ
  • ※A~Dの条件といった項目から優先順位を付けて絞り込んでいくのがポイントです。

「リノベーション向け中古物件おすすめの探し方」

最も一般的なのは、希望エリアを絞り込んでいく方法です。膨大な情報の中から物件を探すのは大変な作業です。「このエリアに住みたい」といった漠然としたイメージでも良いので希望エリアを絞り込んでいくと希望エリアの相場を把握することが出来ます。全国的には、スーモなどの不動産ポータルサイトを利用して物件探しをされる方が最も多くいらっしゃいます。希望のエリアは複数の選択肢を選ぶのが重要なポイントです。中古物件は、市場に出ている物件から選択していくため、エリアを絞り込みすぎると物件が見つからず、リノベーションが進まないケースが多いです。

「リノベーション会社さんに味方になってもらいましょう」

リノベーションを前提とした中古物件を探す場合は、事前に「リノベーション会社」を選定しておきましょう。近年は、リノベーションに特化した会社も多く「不動産物件探し+リノベーション」をワンストップで提供してくれる会社も増えています。リノベーション向けの中古物件情報にも精通しているので各不動産屋さんに直接問い合わせしなくても代行して物件探しを手伝ってくれます。必ずしも物件が見つかるわけではありませんが、リノベーションを希望する物件の管理状態やエリア相場、住宅ローンを含めたお金の相談なども含めてあなたの物件探しをサポートしてくれます。過去のリノベーション事例や価格帯も含めて地域の不動産ネットワークにも精通したリノベーションの会社が味方に付いていてくれると心強いはずです。

リノベーションで選ばれる人気の無垢&複合フローリング7選

[リーズナブル&セルフDIYリノベーションで人気のフローリング材3選]

リノベーションを検討する際に価格を抑えたい方におすすめのフローリング材をご紹介いたします。リーズナブルな価格だからといって商品が劣るというようなことは決してありません。弊社でもトップクラスの人気を誇る2つの無垢フローリング材とDIYリノベーションを検討したい方に施工が簡単なはめ込み式の複合フローリングの3アイテムをご紹介いたします

-リーズナブルな価格&素材感抜群のアカシア無垢フローリング-

おしゃれなリノベーションを実現したいけど費用を抑えたい方にもおすすめの無垢フローリング材が東南アジア原産のアカシア材を使用した無垢フローリング材です。

[アカシア無垢フローリングのこだわりポイント]

通常の無垢材フローリングに比べ、幅広材の120mm巾でアカシアフローリングの杢目の美しさが堪能できます。表面の塗装は、ウレタンUV塗装を施し傷や汚れが付きにくい仕様になっています。節や白太を含むラスティックグレードだからリーズナブルな価格が実現しました。茶系の落ち着いた色合いと無垢材の色むらのコントラストがアクセントとしてリノベーション向けのフローリング材としても大変人気があります。

品番:FL-1502  商品名:アカシア無垢フローリング 塗装:ウレタンUV塗装
サイズ:1820mm×15mm厚×120mm巾   入り数:1ケース=7枚入り(1.52m²)
価格(税抜き):7,088円/ケース
参考m²単価(税抜き):4,663円/m2

商品詳細ページへ

-王道で飽きのこない素材感が人気ラスティックオーク材無垢フローリング-

無垢フローリング材では常に圧倒的な認知度と人気を誇るのがオーク材のフローリングです。リーズナブルな価格に加えて節や白太(辺材)を含むラスティックグレードの表情は無垢材の質感を感じやすく床面からのアクセントを生んでくれる為、幅広くリノベーション物件では常に候補に入る人気材です。

[オークラスティック無垢フローリングのこだわりポイント]

無垢フローリング材で常にトップクラスの人気を誇るオーク(ナラ・楢)材の木目の美しさにこだわった幅広材120mmに加え、ドイツの最高級自然塗料メーカーオスモ社の自然塗料を施した自然塗装で表面の塗装を仕上げています。一般的な合板フローリングでは表現できない無垢材の質感がリノベーションの現場でも大人気です。

品番:FL-6104  商品名:オークラスティック無垢フローリング 塗装:オスモ自然塗装
サイズ:1820mm×15mm厚×120mm巾   入り数:1ケース=7枚入り(1.52m²)
価格(税抜き):7,500円/ケース
参考m²単価(税抜き):4,934円/m2

商品詳細ページへ

-DIYリノベーションに最適!本格派のはめ込み式複合フローリング材-

週末でDIYリノベーションのお客様におススメなのが「スマートロックフローリング」です。
通常フローリング材の施工工程はプロの大工さんが専用の工具を使用して行います。施工工程では専用のボンドやフロアー釘などを使用して下地に固定していきますが、本当に大変な作業です。
「スマートロックフローリング」は、ボンドや釘で固定せずに施工できる本格派のフローリング材です。はめ込み式のサネ形状だから通常のフローリング材の上から簡単に施工することが出来ます。

施工前の状態

施工後の状態

[スマートロックフローリングのこだわりポイント]

スマートロックフローリングは、フローリング同士を固定させる特殊なサネ形状に加え、意匠性も考慮して表面にはオーク材の無垢の挽板(2mm)を使用して、保護塗料としてオスモの自然塗料での塗装が施されています。基材は形状変化を抑える為に合板を使用して、DIYリノベーション向けに厚みも12mmと薄くなっています。固定するためにボンドや釘を使用しないので簡単にはがして再利用することも可能です。DIYリノベーション向けに最適なフローリング材です。

関連記事紹介 「スマートロックの施工解説記事」

床材・本格派フローリングでDIY/はめ込み式で簡単施工のスマートロックフローリング
~ショウルームにスマートロックフローリング貼ってみた編~

品番:FL-3050  商品名:オークスマートロックフローリング 塗装:オスモ自然塗装
サイズ:909mm×12mm厚×120mm巾    入り数:1ケース=15枚入り(1.63m²)
価格(税抜き):8,900円/ケース
参考m²単価(税抜き):5,460円/m2

商品詳細ページへ

[こだわりの機能性と質感が魅力!フルリノベーションで選ばれる複合フローリング4選]

-リノベーションで選ばれる人気のこだわり複合フローリング

続いてはフルリノベーションで選ばれる人気のフローリング材4商品をご紹介します。やはりフルリノベーションともなればおしゃれな内装の全面的な改装になります。多くの方が意匠性や質感・機能性を考慮してワンランク上のこだわりのフローリング材を選ばれる傾向にあります。フルリノベーションで最も選ばれるのは「挽板材の複合フローリング材」の4商品です。

フルリノベーションで選ばれる「無垢挽板材仕様の複合フローリング」

[各種複合フローリングの規格や価格]
サイズ:1818mm×15mm厚×150mm巾
仕様:合板基材+無垢挽板3mm(OPC)
1ケース入り数:6枚入り(1.63m²)
表面の塗装:オスモ自然塗装

品番:FL-3101 ブラックウォールナット(プライムグレード) 詳細はこちら

価格(税抜き):19,100円/ケース 参考m²単価(税抜き):11,718円/m2

品番:FL-3202 ハードメープル    (プライムグレード)) 詳細はこちら

価格(税抜き):16,300円/ケース 参考m²単価(税抜き):10,000円/m2

品番:FL-3302 ブラックチェリー   (プライムグレード) 詳細はこちら

価格(税抜き):15,500円/ケース 参考m²単価(税抜き):9,509円/m2

品番:FL-3002 オーク        (プライムグレード)  詳細はこちら

価格(税抜き):15,225円/ケース 参考m²単価(税抜き):9,340円/m2

無料サンプル請求も可能です。カットサンプルで実物の質感をご確認ください。

挽板材仕様の複合フローリングの一覧専用ページはコチラ

[挽板材仕様の複合フローリングのこだわりポイント]

ワンランク上のフルリノベーションで選ばれる挽板材仕様の複合フローリング材には、3mm厚の無垢材を使用しています。無垢フローリング同様に経年劣化した際にも表面をサンディングすれば何度でも新品同様に蘇ることが出来ます。加えて無垢材では難しい150mm巾の一枚板の挽板材を使用していますので意匠的にも落ち着いた優雅な空間を演出できます。
機能面でも「床暖房対応フローリング材」として利用する事が出来ます。温度変化によるフローリング材の収縮や膨張を抑える為、合板基材が採用されています。無垢フローリング材の弱点でもある形状変化を極力抑える工夫がされています。表層にはドイツの最高級自然塗料の「オスモ自然塗料」が塗装されていますので無垢材の質感をそのままに汚れや水気から床材を優しく保護してくれる塗装が施されています。

「オーク材の複合フローリング施工事例」

「北米ブラックチェリーの複合フローリング施工事例」 ※床暖房施工物件

「北米ブラックウォールナット複合フローリング施工事例」 ※床暖房施工物件

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、人気のリノベーションについてまとめてみました。
第一部では「リノベーションの基礎知識」と題して、リノベーションとリフォームの違いや中古戸建の物件選びについて解説してみました。第二部では「リノベーションで人気のフローリング材」と題して、リノベーションをされるお客様が選ばれる人気のフローリング材をピックアップしてみました。リノベーションを検討される際にはぜひ参考にしていただければ幸いです。

ページトップへ

   無垢フローリング床材専門店 キャスオンライン All rights reserved