• ブラックチェリー複合フローリング施工事例
  • 無垢フローリング専門店キャスオンライン博多ショールーム
  • 複合フローリング 子供イメージ
 

挽板(ひきいた)フローリングに関するよくあるご質問

挽板フローリングに関するよくあるご質問

挽板(ひきいた)フローリングとは、合板を基材として表層に無垢材の挽板(2〜4弌砲鯆イ蟾腓錣擦進9腑侫蹇璽螢鵐虻爐任后環境や温度変化による収縮や膨張が少なく、床暖房での採用も可能です。一般的な複合フローリング(突板・シート)に比べ無垢材の質感が高いので意匠性が高いフローリング材としても人気があります。

【挽板フローリングの一覧ページはコチラ】
複合タイプ・床暖房対応フローリング材一覧

【挽板フローリングの詳しい解説ページはコチラ】
後悔しない「挽き板フローリング」選び方&お手入れガイド

挽板(ひきいた)フローリング材と無垢フローリング材には以下のような違いがあります。

【長所やメリット】

  • -無垢材に比べ湿度や温度などの環境変化に対して膨張や収縮が少ない
  • -床暖房設備での対応も可能
  • -無垢材に比べ一枚当たりの材幅が広く高い意匠性が魅力

【短所やデメリット】
  • -無垢材に比べ樹種の選定やグレードが限られている
  • -価格面で無垢材に比べて選べるバリュエーションの幅が狭い


詳しくは下記の参照ページにて解説していますのでご参照ください。

【挽板フローリングの詳しい解説ページはコチラ】
後悔しない「挽き板フローリング」選び方&お手入れガイド

【無垢と合板フローリングの違いに関する詳しい解説はコチラ】
無垢と合板フローリングの違いやそれぞれの特徴

挽板と一般的な複合フローリングでは、表層に使用する無垢材の厚みや素材に違いがあります。挽板フローリングは、合板基材に挽板(2〜4弌砲量宜ず爐鯢汁悗謀修蟾腓錣擦討い襪里紡个靴董一般的に流通している複合フローリングの多くは合板を基材にして表層に無垢の突板(0.2〜0.5弌砲箘刷されたシートを張り合わせたフローリング材です。

表層に使用する素材の品質は、フローリング材の質感や意匠性を大きく左右します。挽板フローリング材は、無垢の質感と複合フローリングの機能性を併せ持っており一部の専門店や国内メーカー品の最上級ラインナップにて取り扱われています。

【挽板フローリングの詳しい解説ページはコチラ】
後悔しない「挽き板フローリング」選び方&お手入れガイド

【挽板フローリングの一覧ページはコチラ】
複合タイプ・床暖房対応フローリング材一覧

挽板フローリング材に使用される木材の樹種については以下の種類がございます。

オーク(ナラ)/ブラックウォールナット(クルミ)/ブラックチェリー/ハードメープル(カエデ)/チークなど

挽板フローリングに使用される樹種は、無垢フローリング材と比べ樹種が限られています。ヨーロッパや北米などでも多く流通するため、世界的に認知度の高い樹種の挽板で製造されているという背景があります。

【挽板フローリングの一覧ページはコチラ】
複合タイプ・床暖房対応フローリング材一覧

【挽板フローリングで人気の樹種についての解説はコチラ】
プロがおすすめする高級感で選ぶ挽板フローリングベスト3

挽板フローリングは、無垢材と同様に節や白太の有無によってグレーディング(等級)が存在します。ただし、無垢材ほど等級が細分化されていません。大きく分けて下記の等級に分けられます。

  • プライムグレード:色味のばらつきが少なく基本的に節を含まないグレード
  • ナチュラル/ラスティックグレード:色味のばらつきや節を含むグレード


一般的な複合フローリングでは存在しないグレーディングが存在するのも無垢の挽板を使用している挽板フローリングの特徴と言えます。 【挽板フローリングのグレードに関する記事を含む解説ページはコチラ】
後悔しない「挽き板フローリング」選び方&お手入れガイド

挽板フローリングの塗装は、主にオスモ社の浸透系自然塗料を使用しています。天然のワックス成分とオイルを含む浸透系自然塗料は、水気や汚れから木材を優しく保護してくれます。木材の質感と相性が良いため木材本来の自然な艶感を実感できます。DIYでメンテナンスも可能なオイルやワックスも充実しています。

【浸透系自然塗料の塗装に関する記事を含む解説ページはコチラ】
「オイル&ワックス 自然塗料のフローリング」が選ばれる5つの理由

【浸透系自然塗料の塗装に関する記事を含む解説ページはコチラ】
[無垢フローリングのお手入れ方法とは?オスモ&エーデルさまへ訪問編]

無垢フローリング床材専門店 キャスオンライン All rights reserved.