【DIYで床張りされるかた必見!】-職人から学ぶフローリング上張り方法

田中工房さま,上張り

オーク複合フローリングの上張り施工でリノベーション-

今回は複合フローリングを既存のフローリングの上から上張り施工することでリノベーション物件の床を施工して頂きました。キャスオンラインでもDIYでフローリングの施工を検討される方からお問合せをよく頂きます。今回はフローリング施工のプロでもある田中工房様のフローリングの上張り施工手順を解説しています。DIYでリノベーションやリフォームなどのフローリングの施工を検討される方是非ご参考にしてください。

今回レクチャーして頂く先生
黒田常務
田中工房/田中さま

Profile:関西の老舗リフォーム会社にて施工歴20年以上の経験。
木造住宅をはじめ耐震補強工事や無垢材を使ったリノベーションを長年手掛けており家具や
造作など木工事を得意としている施工のプロフェッショナル。

今回レクチャーして頂く先生は田中工房の田中様。ショールーム開設当初からお客様で有り何かと施工する必要があるとご相談したり施工して頂いたりとお世話になっている方でございます。田中さまの技術指導のもとフローリングの張り方に関してご説明していきたいと思います。

フローリングの並べ方の種類

乱尺張り

定尺張り

定尺張り

 

先ずフローリングの張り方は一般的に「定尺張り」や「乱尺張り」といった張り方が有ります。

定尺張り

定尺張りの中でも1尺ずらし、3尺ずらし、レンガ張りなど長さを合わせていきフローリングを張る手法を指します。但し長さの基準を揃える必要が有る為技術的には高いレベルが要求されます。こだわったフローリングの張り方と言えます。

乱尺張り

無垢フローリングや複合フローリングの張り方として最もスタンダードな張り方です。長さが一定でない張り方、フローリングの継ぎ手の位置がランダムになることにより自然なフローリングの表情が生まれやすくなります。フローリングの端材が出にくくなりロスの無い張り方が出来ます。

今回はオーク材の表情を楽しみたいのとロスをあまり出したくないので乱尺張りに決定しました。
既存のフローリングを下地として新たな複合フローリングを上張りする方法を選択しました。

今回上張りするフローリング

オーク複合フローリング施工事例3

今回はあまり部屋が広くないので出来るだけ明るい中間色のフローリングということでfl-3003 オーク複合フローリング ナチュラルグレードを採用して頂きました。無垢の3mm厚の挽板材を張り合わせた複合フローリングなので本物のオーク材の質感もバッチリ存在感を出してくれます。表面はドイツの最高級自然塗料オスモ自然塗装が施され無垢のオーク材の素材感を損なわない艶感が魅力的な床材です。尚且つ150mm巾という幅広タイプなのでオーク材の杢目が美しく出やすい為人気のフローリング材です。

フローリング上張り施工実践

オーク複合フローリング施工事例

今回8畳のお部屋にオーク材のフローリングを上張りして施工していきます。既存の合板フロアが張られているのでフロアの上からボンドとネイラーを使用して新たにフローリング材を上張りしていくという施工をしていきます。一般的には既存のフロアや下地がしっかりしている場合には新たなフローリング材を上張りした方が施工コストも低く抑えられ尚且つ床下からの寒い空気もより抑えられます。既存のフロアや下地の上に新たなフローリングを上張りした場合には既存のドアや開口部との高さに違いが出る為建具やドアの高さを調整する必要が有ります。

1.オーク複合フローリングを仮並べ

オーク複合フローリング 仮並べ

オーク複合フローリングを仮並べしていきます。何故この作業が必要かと言うと節の感じやオーク材本来の色味を8畳の中で均等にする必要があるから。お部屋の外周部には家具材などで隠れることが多い為節が多めのフローリング材を施工するようにして、中心部には極力色味を合わせた綺麗なフローリング材を配置するとバランスの良いフローリングの施工が出来ます。今回は複合フローリングなので比較的色むらが少なく仮並べの手間があまり必要有りませんでした。但し無垢フローリングの場合には色むらが大きい為必ず仮並べをしてからフローリングを施工した方が良いでしょう。

2.墨出し

墨だし

プロが施工する場合は下地に基準線を設けてフローリングが真っすぐ施工出来るためのガイドの選を墨だしといいます。DIYで一般の方が施工する場合は墨でなくてもマジックやボールペンなどで基準の線を設けると施工しやすくなります。

3.張り込み一枚目

オーク複合フローリング 張り込み

墨出しした箇所に一枚目のオーク材を手前が凸(オザネ)になるようにサネの向きに気を付けネイラーとボンドでしっかり固定していきます、田中さん曰く「フローリングの張り出し1枚目はしっかりと固定し強度を高めておかないといけないのでピッチ狭めにネイラーを打っていく」とのこと。後程ずれないように慎重に1枚目を張り込みましょう。

オーク複合フローリング ボンド塗布

稀に「木工用ボンド使って良いですが?」と言ったお問合せを頂くのですが木工用ボンドは基本NGです。木工用ボンドの水分を無垢材が吸収してしまい膨張してしまったり木工用ボンド自体が硬化する為床鳴りの原因になります。必ず床材専用のウレタン系接着剤やエポキシ系接着剤を採用しましょう。

4.壁際の凹凸部をカット

オーク複合フローリング 手ノコでカット

1枚目のオーク材を張り込んですぐ建具の枠部凹凸に差し掛かったのでカットする部分をスケールで計り凹凸に合わせて手ノコでカットしていきます。2枚目はお部屋の長さに応じてカットしていきます。

オーク複合フローリング タッカー

上記の作業で凹凸に合わせてカットしながらオーク材にボンドを塗布しピンタッカーで上張りしていきます。コツは凸サネ(オザネ)斜め45度からタッカーを固定していくと下地にしっかり固定出来る為斜め45度を心掛けつつ張り込みを行いましょう。

5.2列目以降の張り込み

オーク複合フローリング どつき

2列目にくるフローリングは1列目にカットした残りのフローリングを使います、残りのフローリングが短すぎる場合はカットしていない新しいフローリングを貼ります。2列目以降は長手方向に伸びるフローリング材の長さをカットする作業が必要になってきます。1列目のフローリングに2列目のフローリングを差し込む際には上記のような木材の当て材を使いフローリングを綺麗にはめ込んでいきます。但しカチコミすぎないよう注意をしておきましょう。

オーク複合フローリング施工事例4

2列目以降のフローリング材の施工手順は長手方向のフローリング材のカットが必要になります。その後はフローリング材にボンドを接着しネイラーでフローリングを固定していく作業を黙々と行います。3列目以降はフローリングの張り込み作業に慣れて来るので少しづつ作業スピードが上がるでしょう。

6.最終列のフローリング材の張り込み

オーク複合フローリング施工事例5

DIYにて初めて施工される方は一番の難所なのではないでしょうか。最終列のフローリング材の張り込みはスケールで板幅を計りフローリング材の凸サネ(オザネ)側をカットする作業が必要になります。一般的には壁際のフローリングの張り込みには若干のクリアランス(隙間)を5mm程度設けておいた方が良いでしょう。壁際のクリアランスの上に巾木を施工することによって隙間が見えなくなります。

オーク複合フローリング施工6

きちんとスケール板幅を計った後凸サネ(オザネ)側カットしていきます。

オーク複合フローリング施工事例6

カットしたフローリング材にボンドを塗布し叩いて入れる作業、最終列はネイラーは不要です。

オーク複合フローリング施工事例7

一番最後に壁側からもトントンと雄ザネを固定していきます。

7.完成

オーク複合フローリング施工事例8

完成でございます、お写真だと伝わりづらいのですがかなり幅広い床材なので臨場感が抜群でございます。

オーク複合フローリング施工事例8

別角度から、かかった時間2時間半程度。

オーク複合フローリング 別角度

オーク複合フローリング上張り施工のポイントまとめ

【 1.仮並べ】
フローリング材の梱包を開けてフローリングの色むらや節のバランスを見ながら施工する場所を決めていきましょう。
【2.墨出し】
既存の下地の上に基準線を設けてフローリングが綺麗に施工出来るように墨だしする作業です。
【3.張り込み一枚目】
壁際から一枚目のフローリングを施工する作業になります。
【4.壁際の凹凸部をカット】
壁際の凹凸に合わせてフローリングをカットする必要が有る為多少難易度の高い作業です。
【5.2列目以降の張り込み】
フローリング材をはめ込んでいく為に当て木などを使うと手早くフローリング材のはめ込みが上手に出来ます。長手方向のフローリング材は壁際までの長さに応じてカットして3列目以降で仕様していきます。
【6.最終列のフローリング材の張り込み】
壁際までの距離を計りフローリング材の幅をカットする必要があります。但し多少の隙間を設けて巾木などで隠してしまえば綺麗にフローリングの上張りが完成します。

如何でしたでしょうか。リノベーション物件をお手本にフローリングの上張り施工方法を解説していました。DIYやリフォームでフローリングの上張り施工を検討されている方は是非参考にされてください。

今回ご協力頂いた会社様:田中工房様

田中工房様webサイト

 

今回採用されたフローリングの商品スペック

オーク複合フローリング

商品名 FL-3003 オーク複合フローリングナチュラルグレード[オスモオイル塗装]
サイズ (L)1818㎜×(T)15㎜厚×(W)150㎜巾  6枚入り 1.63㎡
仕様 複合フローリング・オイル仕上げ・ソリッド(OPC)タイプ・幅広・エンドマッチ・床暖房対応

 

オーク複合フローリング施工事例1

コラム

2020.05.13

[リノベーション現場訪問:床材・フローリング施工現場編]

今回、リノベーションの工事現場を訪問しました。床材の施工現場からフローリング材の施工手順やプロの施工道具など分かりやすく解説してみました。ぜひ参考にしてみてください。。

続きを読む
オーク複合フローリング施工事例1

施工事例

2019.09.13

リノベ不動産:ヨカイエ様 fl-3003 オーク複合フローリング事例

今回博多ショールームにご来場頂きまたまた熟考の末オーク複合フローリングを選ばれたお客様宅のご紹介です。 数あるフローリングの中からオークの複合フローリングを選んでいただき有難うございます。 スッキリとした空間にやや節有りのオーク、小粋な照明具合もシンプルさを演出してくれてます。

続きを読む

ページトップへ

   無垢フローリング床材専門店 キャスオンライン All rights reserved